参考症例|さいたま市大宮の根管治療専門歯科医院 ユモトデンタルクリニック

  • 電話
  • メニュー

成長途中で問題が生じた歯への対応

2018.09.04(火)

医療従事者向けの投稿になります。

 

 

 

リバスクラリゼーション

 

様々な原因によって歯根完成途中で歯髄が感染により完全に壊死した場合、歯髄は再生しません。

 

 

 

 

 

歯根は完成途中であった場合に未完成状態であり、感染による症状の改善は通常の根の治療では対応できなくなります。

 

 

 

 

以前までの治療方法としてはご存知のようにアペキシフィケーションが適応になると思います。またアペキシフィケーションのメリットも十分理解しておりますが、デメリットも承知しております。

 

 

当院では条件が合うケースに関して「リバスクラリゼーション」(現在のほぼ同義語として「再生歯内療法」、「REP(RET)」)を行っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

ご存知のように再生という名はついておりますが、感染壊死した歯髄組織は取り除き、象牙質ではない生体由来の硬組織による修復反応で、歯根長の伸展、象牙質の厚みの増加を目的とします。

 

 

 

当院が大切な患者さんのために協力できることがあります。

 

先生方からのご相談をお待ちしております。

 

何なりとご連絡ください。