参考症例|さいたま市大宮の根管治療専門歯科医院 ユモトデンタルクリニック

  • 電話
  • メニュー

プライマリーぺリオリージョンと考えられる症例

2021.02.19(金)

医療従事者向けの投稿になります。

患者さんは歯肉腫脹が出て根管治療で通院されていました。

 

改善がなく、患者さんより当院に連絡をいただき診させていただきました。

 

当院初診時にも左上1番2番間の歯肉腫脹が確認され、デンタルでは該当部位周辺に透過像を確認しました。

 

 

問診時に患者さんからうかがう限りでは

『原因が分からないが(左上2番が)悪くなっているので根管治療をする』とのことで治療介入だったとのことでした。

通院を始めて数ヶ月後に『ウミが大きくなっているので左上1番からもこれを悪くしているかもしれないからこちらも根管治療をする』

 

という経緯だったそうです。

 

深在性のう蝕の治療歴や、患者さんも記憶に残るような外傷もありませんでした。

診査を進めていく中での異常所見としては左上2番口蓋側の歯周ポケットが11mmの所見が見られ、その部位には拡大視野下で歯周疾患分野で関わり合いがある舌面溝(口蓋溝)の存在を疑う形態を示していました。またレントゲンでもその存在が疑われる状態(上記仮想線 参照)でした。

 

その後のCT撮影にてその存在と上行性の感染の可能性が高いと判断し、患者さんと治療計画を相談させていただきました。限局性の深いポケットがある場合に歯根破折が生じている可能性もある旨をご理解していただいております。

 

 

根管治療途中であった両歯の根管治療完了させ、左上2番を抜歯し口腔外で歯根口蓋側に根尖付近まで発達する舌面溝を確認しました。

 

 

必要な処置を行い、再植 固定を行いました。

 

現在歯周ポケットも消失(正常な2mm)し、透過像の縮小傾向を確認できるようになりました。治癒の過程から本症例はプライマリーぺリオでの根尖性歯周炎と考えております。

 

様々な治療法が考えられると思いますが、良好な経過を確認でき患者さんにも喜んでいただきました。

先生方の大切な患者さんのために当院に行えることがございましたらなんなりとご連絡ください。